虹のふもとのお宝

ブログ225

こんにちは。

セリタのブログ担当です。

今日は7月16日、語呂合わせで七色の日、つまり「虹の日」です。

なんとなく虹ってハッピーなイメージがあるし、

とっても素敵な語呂合わせですよね。

最近そういえば、虹ってみてないなと思うんです。

住んでる場所の問題とかってあるのかな。

日中、外に出る機会も少ないので、見ていないのも

当たり前といえば当たり前なんですけど。

子供のころはよく見ていた気がします。

とくに虹を見ようと思って

うろうろしたりとかしていなかったと思うんですが、

特別珍しいとも思わないくらい頻繁に見ていたなと。

で、しかもそのころ絵本で、

虹のふもとを掘るとお宝が…っていうのを見て、

割と頻繁に母と虹のふもとまで行こうとしたりしていました。

良く付き合ってくれていたなと、母には感謝しかありません。

絶対めんどくさい。

絵本の世界を壊さずに、

ちゃんと付き合ってくれるってすごいですよね。

自分の母親ながらすごいなと思います。

結局、虹のふもとまで辿り着けたかは覚えていなんですが、

記憶にないので、たぶん向かっている途中に

消えちゃったりしたんじゃないんですかね。

お宝欲しかったな。

虹に遭遇する機会が少ないと、

お宝を見つける確率も少ないよな…なんて

考えている私にはきっと「虹のふもとのお宝」を

掘り起こすことはできないでしょう。

こういうのは、

悲しいことに無欲な人が手にするのがセオリーなんです。

そんなわけで、ぜひ、

虹を見かけた際にはふもとにも注目してみてください。