LPガス屋さんセリタのWEB担当のブログ(現在2代目投稿中)

inside.serita

ブログ

血液クレンジングとかこわい

投稿日:

血液クレンジングとかこわい

皆様、アローラ!

セリタのブログ担当です。

「ニセ医療」として、

最近注目を集めている「血液クレンジング」について、

ご存知ですか?

私は、SNSに「血液クレンジング」のことをアップした芸能人が

批判されている事実のみ知っているくらいで、

詳細は知りませんでした。

血液を100~200ml取り出し、

オゾンを加えた後に再び体内に戻すというもの。

こわくない?!

こわいよね?!

オゾンというと、酸素みたいな物質という、

ざっくりとした、

あっているか間違っているかも不確かな知識しかないわけですが、

オゾン層とかのオゾンだよね?

よくそんなの体内に入れようと思ったなと。

オゾンというと酸素みたいという印象が強くて、

それに関連して、活性酸素は増えすぎると良くないという、

これまたうろ覚えの知識と紐付けてしまって、

わざわざそんなことするなんて

よっぽど健康意識が高いのだろうと思います。

体内の過剰な酸素は、活性酸素を作り出しますが、

オゾンは体内に取り込むとどう作用するのでしょうか。

私の知るところではないですが…、

こわいよね?!

そもそも、自分の血液になにか混ぜるという発想がこわい。

人類の、健康に対する探求心には脱帽です。

オゾン療法というのはいろいろ存在しているようですが、

どれも科学的根拠がないため、

「血液クレンジング」も批判されているようです。

あくまで、私個人の考えですが、

根拠のない化学療法でも、効果があるという人はいるわけで、

気の持ちようというか、

病は気からというか、

信じる者は救われるというか、

気持ちの在り方で体調は変わるものだと考えます。

正しくない知識を広めてしまうのはよくないことですが、

それを信じるか信じないかは、受け手の知識によるところで、

そこまで批判されることなのかなと思う部分もあります。

おそらく、普通の人は、健康的な生活をおくっていれば、

健康でいられるのでしょうけど、

普通の人が普通の生活をおくっていても健康にはなれません。

だからこそ、健康に関するいろんな知識や情報が

飛び交うわけだけれど、それが必ずしも

自分自身に効果があるとは限りません。

そこがもどかしい。

今日のブログで何が言いたかったかというと、

「血液クレンジング」の効果の是非はわからないけど、

健康でいるって簡単そうで難しいよねって話でした。

-ブログ

Copyright© inside.serita , 2019 All Rights Reserved.