「新型コロナ」大変だな。こんな時こそ薬膳

ブログ128

こんにちは。

セリタのブログ担当です。

「新型コロナ」、大変ですね。

とくにクルーズ船での感染者の数には驚かされますし、

いまだに船内で過ごすことを余儀なくされている人たちの苦労を思うと、

心苦しくなります。

わたしなら発狂しそうです。

クラスにもよるんでしょうけど、

ほとんどの乗客はそこまで広い部屋じゃないでしょうし。

窓があるんだかないんだか知らないけど、

あったとしても毎日変わらない景色。

絶対つらい。

長野県での発症はまだなさそうですが、

医療機関へ感染者の受け入れはしているようです。

医療機関名は公表されていません。

賢明な判断ですね。そんなことないとは思いますが、

パニックになる可能性もありますよね。

昨日の時点で受け入れている人数は13人。

長野県には、感染症の指定医療機関が11箇所、

ベッド数で46床あるようですが、

すぐにいっぱいになりそうな気がしませんか。

まだ感染のピークじゃないってのがこわいですよね。

どうなることやら。

こんな時こそ、薬膳でしょう。

病気になりにくい健やかな身体づくりが大切になってきます。

実は、「薬膳インストラクター」の資格を

通信講座で取ろうとしているのですが、

サクッと2回目の課題を提出し終えています。

テキストを見ながら問題に答えていくだけのことです。

しっかりテキストを読みながらやれば、

特に難しいということはありませんでした。

なんなら解答用紙を冊子から切り離すのが一番難しかった。

切り込みも何もないから、

解答用紙の端っこはいつもギザギザしてしまっています。

そういうの、うまく切り離す裏ワザとかあったら教えてほしい。

薬膳は、本当に生活に役立つ知識ばっかりです。

薬膳っていうと、高麗人参とかクコの実とか、

そういう一般に手に入りにくいものを想像していましたが、

普段食べている食材も摂りかたによっては立派な薬膳です。

まだ勉強中なので、今日のところは詳しく書くことは避けますが、

おいおい書こうかなと思います。

気になる人はぜひ調べてみてほしい。

薬膳って奥が深いんですよ。

というより、資格が取れる頃には新型コロナも終息していたりして。

ありえそうで笑えないですが、

まあ薬膳の知識は日々生かしていけるので。

継続して勉強していこうと思います。