ファンタズミックが静かに終わりを迎えていてショック

ブログ149

こんにちは。

セリタのブログ担当です。

休園中の東京ディズニーランド・ディズニーシーですが、

休園期間中に終了予定のショーやイベントは、予定通り終了するようです。

最後に見に行く予定だったファンも沢山いると思います。

とくに約9年間行われていたディズニーシーの夜のショー、

「ファンタズミック!」。

水上で行われる「ファンタズミック!」は、水と炎と光、

すべてが一体となって幻想的で美しい迫力満点のショーでした。

私は終了間際に行く予定はなく、

一月に行った際に気合を入れて場所取りをし、見納めて来たとはいえ、

予期せず最後の日を迎えていたと知るとなんだか切なくなります。

ファンタズミックにはたくさんの思い出があります。

友達と見たり、家族と見たり、寒い中見もたり、暑い中見たり。

誰と見ても

その日の楽しかった記憶と共にしっかりと記憶に刻まれています。

たしか、初めて見たのは姉と二人で行った時じゃなかったかな…。

当時は毎年二人でディズニーへ行くのが恒例でした。

離れて暮らすようになったりして

自然となくなってしまいましたが…。

「ファンタズミック!」の初公演は

世間では東日本大震災の影響がまだ残っていた2011年4月28日。

震災の影響で東京ディズニーシーは休園していて、

ショーの開始は運営再開の日まで遅れていました。

そして、新型コロナウイルス流行の為の休園で、

実質前倒しで2月28日が終了となってしまいました。

なんとも激動の時代を駆け抜けたショーだったなと思います。

ほんと、お疲れさまって感じです。

最後に見に行く予定はなかったものの、

やっぱり終わってしまうと寂しいです。

次行った時にファンタズミックが見られないなんて。

でもまあ、夢は終わりません。

これからに期待しようと思います。