状況目的手段

状況、目的、手段

本日も皆さまお疲れ様でございます。

昨日感じた事です。

お仕事を進めるにあたり、

出来ている、出来ていないという「状況」があって、

出来るようにするという「目的」があって、

出来るようにするための「手段」がある。

ひとりで仕事をしているのならば必要はないのかもしれませんが、

チームや組織で仕事をする上では上記の理解が非常に重要になります。

いや、私が出来るというわけではなく、出来ていなくて

昨日重要だなと再認識したのです。

お仕事自体、多くの場合がある状況を目的の状況にするための手段で

ある場合が多いと思います。

昨日書いたエクセルの作業にしろ、先日刷り上って来たセリタ通信にしろ、

社としての目的があって作業・制作を手段として行っております。

しかしここで注意しなければならないのは、情報の共有が行われているか否。

目的を伝えず手段だけを依頼してはいないか?

目的も知らず手段だけを受けてはいないか?

猛反省です。

知らない間に、目的と手段が混同したり手段の内容がぼやけていました。