LPガス屋さんセリタのWEB担当のブログ(現在2代目投稿中)

inside.serita

ビジネス ブログ 個人的見解

営業出身の制作者ですが

投稿日:

営業出身の制作者ですが

本日もお疲れ様でございます。

長野のガス屋さんであるセリタのWEB担当です。

やはり土曜日は仕事が捗ります。

私の前の席に座るO女史と会話をして出てきた話ですが、

私は今は紙媒体の制作、WEBの制作などを行っておりますが、

元々は営業畑で育って来ました。

まだキャリアとしては、営業販売の方が長いのです。

制作の技術は、営業として契約を取るための手段として

提案資料を作り込む際や、限られた予算の中少人数で新規事業を

立ち上げ展開する際にWEBを活用していた時に身につけて来たものです。

ですので、常に手段の一つを制作しているという意識でおります。

目的を達成するための手段である紙媒体やWEBですので、私の能力の限りで

妥協はしたくありません。

逆に目的の分からないものは作りようがありません。

制作指示の内容が不鮮明なものは、確認をとります。

うるさい制作者だと言われようが、私の作った手段が目的に近付くために

どれだけ役立てるのか?という視点が納期と共に重要と思っているからです。

セリタは長野県でLPガス(プロパンガス)の販売を行っておりますが、

調理や給湯、お風呂などにガスを使用するお客さまがいらっしゃるから、

重たいLPガス(プロパンガス)を運んだり設置したりするわけです。

お客さまの生活がより快適になるように、調理や給湯、お風呂などにガスが

使えないということのないように、今日のような猛暑の中保安点検や配送を

行っております。

お客さまの安心安全と普段通りの快適な生活を守る為というのが目的で、

毎日の業務が手段として存在します。

言われた通り配送するだけするを目的にすれば、交換対象以外のボンベの

内容量を確認する事もなければ、ガス屋なのに水道の漏水に対応することはしません。

このあたりの目的と手段の切り分けと理解がはっきりしている環境だからこそ、

私もこだわる時間をもらい働かせて頂いていることに感謝だなぁと改めて

感じた1日でした。

-ビジネス, ブログ, 個人的見解

Copyright© inside.serita , 2019 All Rights Reserved.