長野のLPガス屋さんセリタのWEB担当のブログです。

inside.serita

ブログ

熱中症と経口補水液

投稿日:

経口補水液

お疲れ様でございます。

セリタのWEB担です。

この台風、そしてもの猛暑、どうにかして欲しい!

そんなことを思っていたら、流れてきたTwitterが、

天気の神様が新人で天気を決める神さまが新人で、ドジしまくってるって思うとなんだか可愛らしく思えて…

という内容で内勤用にも経口補水液を買いに行くかと

少し許せて、すこし前向きな気持ちになりました。

しかしながら、もはや躊躇なくエアコンをというより、必ずエアコンを

と言った方がいい状況に思えます。

私は、過去数回熱中症気味になったことがあります。

気味というのは運よく病院に行かずに済んだから。

その内1回は仕事で福岡県の高速を運転している時。

ちゃんとエアコンをかけていましたが、レンタカーの為か、

エアコンのききが悪いクルマでした。

たしか7月頃、忙しく取引先をまわっていて30℃を越えていた午後。

もちろん水分補給はしていたが、お茶とコーヒーのみで、

お昼を食べ損ねていました。

視界が不鮮明で平衡感覚が鈍り、汗の出方が変わり「マズイ」と

何とかPAまでたどり着いた。

でも長野のような広い敷地でもなく、木陰があるわけでもなく、

トイレと自動販売機だけ。

クライアントへまずアポイントが遅れる旨のお詫びの電話をいれた。

体を冷やさないとと思い、飲む用のスポーツドリンク(500m)2本と、

体を冷やす用の缶ジュースを数本、1000円札で買えるだけ買った。

フロントガラスのジャケットを広げ日陰をつくり、

脇に缶ジュースを挟みながら1本目のスポーツドリンクを一気飲み。

まだ若いころだったので、その後一時間程度の休憩で回復したが、

意識が途切れている時間もあり、今思うと結構危ない状況。

そう何を言いたいのかというと、エアコンのきいている状況でも、

熱中症にはかかるということ。

極端に暑さを感じなくても、熱中症にはかかるということです。

暑さを新人さんのドジリのせいにして、

内勤用の経口補水液を買いに行ってきます!

追記
御向のセブンイレブンさんに買いに行ったら売り切れでした。

-ブログ

Copyright© inside.serita , 2018 All Rights Reserved.