長野のLPガス屋さんセリタのWEB担当のブログです。

inside.serita

ガス ブログ

LPガスと都市ガスとの違い

更新日:

LPガスと都市ガスとの違い

LPガスはネズミ色のボンベによって配送されるのに対して、都市ガスは、道路の下、地面の中のガス管を通じて供給されます。

LPガスは地域によって主成分が変わることはありませんが、都市ガスの主成分は供給業者によって異なります。

LPガスは、液化石油ガスのことで、液化石油ガスの種類としてプロパンがある、という関係性です。

しかし、家庭用のLPガスは、余程のことがない限り日本全国共通でプロパンが使用されるため、プロパンガスと呼ばれています。

地域差個人差で親しみのある名称があるかもしれませんが、一般的にプロパンガスとLPガスは同じと言っていいと思われます。

(現在においては、大体全体の95%程度がプロパンが充填されています。)

専門的には、液化石油ガス「Liquefied Petroleum Gas」の略称として、頭文字をとってLPガス。

LPガスには、プロパン(C3H8)、とブタン(C4H10)等があり、それぞれの特徴に沿って家庭用ガスに使われたり、ガスライターに使われたりします。

都市ガスは、主に液化天然ガス「Liquefied Natural Gas」から抽出された、メタン(CH4)等が、多く使用されています。

火力がLPガスの約半分ながら、単価の安さから人気があります。

今回保安業務員の試験を受けるにあたって勉強した内容の、ほんの一部ですが、

LPガスと都市ガスの決定的違いは、ガス漏洩の警報機の位置。

LPガスのプロパンは空気より重いので下に溜まるため足元に警報機を設置します。

逆に、メタンは空気より軽いので上に溜まるため、天井近く警報機を設置します。

ご自宅の警報機の位置で、どっちのガスを使っているのか、確認できます。

-ガス, ブログ

Copyright© inside.serita , 2018 All Rights Reserved.