月曜日っぽくない月曜日

ブログ

こんにちは。

セリタのブログ担当です。

今日は月曜日です。

全く月曜日っぽくありません。

自宅で起きて、身支度を整えることもなく、

パソコンを立ち上げ、そのまま仕事を始める。

まだ慣れません。

全く月曜日っぽくない。

わたしの知る月曜日ってもっと慌ただしく、休日の余韻を引きずって、

だるくて、憂鬱なものなんですが、

そういうのが全くない。

自宅から一歩も出ていないから。

それはそれでさみしいものがあります。

ないものねだりってやつですかね。

この生活が続くとわたしのわずかに残っているであろう女子力が

ついに消滅しそうでこわいです。

それはそうと、昨日実家に用事があって、

ちらっと帰ったんですが、さすがのコロナ対策でした。

まず玄関にアルコールスプレーがおいてあって、

家に入ったらまず手洗いうがいをするように促され、

きっちり手洗いしたか確認されて、そこからようやく落ち着くことができます。

在宅勤務だと家から出ないから大丈夫だろうって思っちゃって、

ちょっと出かけた時にも気を抜いてしまうけど、

こういうの大事だなって見習おうと思いました。

両親ともに、わたしのように在宅勤務は難しい仕事だからかもしれないですが、

ほんと感心してしまいました。

さて、今日のブログはこの辺で終わりにしようと思っているんですが、

最後に一つ。

あつ森で、博物館に美術品の寄贈ができるようになりました。

本物か偽物か見極めて購入し、寄贈しなければばなないのですが、難しい。

よーく見てもちっともわかりません。

一応調べたところ、

よーく見れば微妙に本物と偽物で違いがあるようなんですが、難しすぎる。

ただ、グラフィックのきれいさには圧倒されるわけです。

家庭用ゲーム機でここまできれいとは。

すごい時代です。

今日の夜、

わたしが昨日購入した美術品が本物かどうか鑑定してもらおうと思っているんですが、

ドキドキです。

偽物だったら目も当てられないではありませんか。

そこも含めてなんと楽しいゲームなのでしょう。

あつ森最高。