LPガス屋さんセリタのWEB担当のブログ(現在2代目投稿中)

inside.serita

個人的見解

若者が私ぐらいの年齢になったら

投稿日:

むかしむかし

昔はああだって。こうだった。

私のブログで結構な頻度で登場する。

昔はああだって。こうだった。

若者に嫌がられる言葉。

私も若者時代に嫌がった。

でも自分は、過去を美化した上で、さらには時の流れや進歩や進化、

または退化を考えず、それと今が(又は今の若者が)違うという事を、

言いたい訳ではない。

ただただその変化の度合いに驚くと、昔はああだって。こうだった。

ぶつくさぶつくさ、なのです。

なんなら、自分の知らない常識や慣習は大いに知りたい。

でも、だから教えて!は、若者に嫌がられると思うので、しません。

今日の、昔はああだって。こうだった。

それはゲーム。

組み込みのゲームしか出来ない、ファミコン以前のゲームを

知っています。

それから、たかだか30年弱。

今や、オンラインゲームは当たり前となって。スポーツなんだそうだ。

また、外に持ち歩くゲーム機は、ゲームボーイより随分前の、

いわゆるゲームウォッチも知っています。

でも自分のゲームを理解して操作する脳みそが、このあたりで

成長を止めたせいで、ゲームが分からない。

もうそれは、コンプレックスになるほど、興味がない。

今やスポーツで、プロ選手も登場しているというのに。

今の若者が、私ぐらいの年齢になったころ、

何を見て何を感じているのでしょう。

昔はああだって。こうだったと。

昔はね。パソコンというのがあって。キーボードっていう・・・

-個人的見解

Copyright© inside.serita , 2019 All Rights Reserved.