長野のLPガス屋さんセリタのWEB担当のブログです。

inside.serita

ビジネス ブログ 個人的見解

2019年 企業のWEB戦略で必要な視点

投稿日:

WEB業界関連の方は既にご存知の通り、

昨年、パソコンの世帯保有率はモバイル端末の世帯保有率を超えました。

つまり企業がパソコン向けだけに情報発信していても、

「パソコンを持っていないが、スマホは持っている」

「パソコンを使わないが、スマホは使う」

そんな方にはどうやっても、届けたい情報を届けることは出来ないということ。

例えば、インターネットの利用動機は、「何かを調べるため」がまだまだ多い。

BtoCの商品サービスを提供している企業の場合、どんなタイミングで「何かを調べるため」に

インターネットを使うのか?と考えるべきだと思います。

仕事でパソコンを使用していても、自身がCとなって利用したり購入したりするものを

「調べる」タイミングは、自宅にいたり、通勤通学時間だったりする。

ここで重要なのが、

「家(プライベート)では、パソコンを使わないが、スマホは使う」ということ。

自分でもそうだが、わざわざパソコンを開いて(場合によってはパソコンのある部屋まで移動して)

そしてわざわざ電源を入れて・・・。そんな面倒はしない。

近くのスマホの画面ロックを外し、アプリを起動して「調べる」。

まれに情報量の多いものを比較をしたりする際はパソコンだけれども、比較する必要がないものは、

意外と高額なものでもスマホで済ませてします。

どうしてもパソコンの前でホームページを作ったり、新しいページを公開したりするもので、

パソコンに重心が傾きがちですが、WEB担当たるもの、今はPCに向かう時間と同じ時間スマホにも

向かわなければならない。

という自分への戒めでした。

-ビジネス, ブログ, 個人的見解

Copyright© inside.serita , 2019 All Rights Reserved.