Pokémon Dayってなんだろう。

ブログ116

こんにちは。

セリタのブログ担当です。

今朝は寒いですね。

そして、昨日から雪がパラついています。

でも、積もらない。

長野市も、今年は1回も積もらない説、

いよいよ濃厚になってまいりました。

今日は土曜日ですよ。

土曜日の仕事のモチベーションって

個人差がすごいと思うんですよ。

ちなみにわたしはちっとも捗りません。

なんだろう。

世間の大多数が休みならば、私も休みたい。

さて、昨日ポケモン公式Twitterで知ったんですが、

2月27日が「Pokémon Day」として、

日本記念日協会に認定されたようです。

1996年2月27日に、

ポケモンの初めてのゲームソフト

「ポケットモンスター 赤・緑」が発売された事から、

末永くポケモンを愛してもらうのが目的だそうです。

愛しますとも。末永く。

海外では、すでに2月27日が「Pokémon Day」として

ファンに大事にされているんだそうですよ。

逆輸入感ありますね。

ポケモンの世界も20年以上の年月を経て、

どんどん進化して、より愛すべきものとなっていると思います。

現実世界では、

交通の便や、インターネットとか、

色んな事が発達して、世界が身近になりました。

その辺がリンクしていて、ポケモンの世界もより広く、

そして新たなポケモンもどんどん見つかる。

今まで登場してきたポケモン、総数でいうと、

とんでもない数になっていきましたが、

そこも現実世界と似ている気がして。

現実世界の動植物とか、その全ての種類を

カウントできる気がしないし。

なんというか、もう一つの世界を生きている気がするんです。

のめり込みすぎも良くないでしょうけど、

ポケモンの世界があるから頑張れることもあります。

なんたって、今までもこれからも

「ポケモンはともだち」ですから。

そんなわけで、来たる2月27日には、

新たな情報の解禁やイベントが用意されているようですので、

楽しみにし待つこととします!

ところで、本場フランス版ミシュランで、

日本人シェフが初の三ツ星を獲得しましたね。

本当にすごい。

三ツ星を獲得した小林圭シェフは、

長野県諏訪市の出身らしいですよ。

ご両親は諏訪市で惣菜店を営んでいるとか。

今回三ツ星を獲得したパリにある小林シェフの

「KEI」というお店まで行くのは大変ですが、

そのルーツである諏訪市のご両親の惣菜店ならすぐ行けます。

ちょっと興味があるので、近くに行ったら寄ってみようかな。。

と思っています。