いよいよ今日だよ!

ブログ118

こんにちは。

セリタのブログ担当です。

いよいよ鬼滅の刃19巻が発売です。

ここまで本当に長かった。

17巻18巻辺りは10回以上じっくり読み返しました。

今日は、帰りに本屋さんによって、

購入して帰ろうと思っています。

でもこれ、予約もしていなくて、

夜に買いに行って売っているんですかね。

18巻の時、品切れ続出とかって言っていたのを思い出して、

今更焦っています。

大丈夫かな。

単行本は、今本当に良い所なんですよ!

カナヲと伊之助が!

なんであんないいところで終われるの!

もう!

ジャンプ買って読んだろうかと思いました。

でも、ジャンプって週刊ですよね?

他の作品もきっと面白いだろし、

ますます追いかけるものが増えて忙しくなりそうだし、

グッと我慢しました。

だから本当に楽しみ。

鬼滅の単行本といえば、裏表紙というのか、

カバー下のイラストも面白いですよね!

たしか「鬼滅ラジヲ」で、

主人公の炭治郎役の花江夏樹さんが良いって言っていて、

そのあとすぐに単行本を買い始めたのですが、

これがね、良いんですよ!

わたしのおすすめの鬼滅の単行本の楽しみ方は、

まず、表紙を見て楽しむ。

次に、一つめくって吾峠先生の巻頭メッセージを読む。

そして、ここは皆さん飛ばしがちだと思うんですが、

登場人物とあらすじのページを熟読する。

その巻に出てくる主要人物が載っているのですが、

割愛されている人もいるのでそういうのを

後から探して楽しむ為です。

そしていよいよ本編。

ここからは気になれば何度も読み返して、

じっくりとストーリーを噛みしめます。

読み終わったら、最後にカバー下の裏表紙をみる。

そして「なるほどな、さすが吾峠先生」とリスペクトを深める。

これが、わたしのおすすめの楽しみ方です。

真似しなくていいんですけど、

とにかくそれくらい敬意を払われてもおかしくないほどの作品です。

読めば読むほどに深い。

ぜひ読んでほしい。

そういえば、

鬼滅コラボ商品っていうのが最近増えてきていますよね。

アクセサリーとかお茶とか服とか…、

あとカフェも期間限定でありますよね。

本当に惑わせないでほしい。

全部欲しいもん!

家のスペースも有限なので、全部買えないのがもどかしい。

何とかならないものかと思っています。