スマホがないと何もできない人間になってしまった。

ブログ121

こんにちは。

セリタのブログ担当です。

昨日、セミナーに行ってきたんですよ。

それで、1回家に帰って昼食をとって、

出かけようとしたらスマホがないんですよ。

家で触った記憶があるので、

どこかで落としたわけではなくて絶対家の中にあるのに

絶対見つからなくて。

そんなに探すところもないのに結局見つからないので、

まあいいやって出かけてしまったんですよ。

でも、

長野駅着いたらスマホで地図アプリ見ていこうって思ってたから

会場がわからないんですよ。

自力では皆目見当もつかない。

仕方なく交番に行って行き方教えてもらったんだけど、

今時道を聞く若者なんていないんですかね。

親切に教えてもらったんだけど、ちょいと不審がられていましたよ。

で、交差点の名前とかいろいろ説明されたんだけど、

普段通らない道の交差点の名前なんか全然覚えられず、

親切に教えてもらったのに、壮大に道を間違えて。

絶対違うと思ったから、バスターミナルのおばちゃんに聞いて。

そしたらね、これでもかってくらい親切に一緒に悩んでくれました。

一日に、人の親切に2回も触れて、ほわほわしそうでしたが、

時間は迫っていたので立ち止まる暇はなく、

何とかセミナーに参加しました。

スマホがあれば、

たとえ道がわからなくても色んな選択肢があって、

どの交通手段が最適化も調べることができるのに。

ちなみにセミナーは「企業におけるSNSの活用」とか

そんな感じでしたが、

セミナーの最中も正直アナログに生きる方法を知らないと

いざって時困るんじゃないかと危機感に苛まれていました。

長野市民なのに、長野駅前を紙の地図もってうろついていたの、

まさしくあの瞬間には私しかいなかったと思う。

スマホをなくしただけなのに。

(こんなようなタイトルの映画あった気がする)

道を覚える気も最近なかったなと反省しています。

すぐ調べられるから覚える必要もないのかもしれないけど、

これって本当に危険。

最悪スマホがなくても、ある程度何とかできるくらいで

日ごろから過ごしていないと大変です。

昨日はめちゃくちゃ寒くて、

無くした自分が悪いんだけどつらすぎて心がポキっと折れました。

でね、結局スマホはちゃんとあったんですよ。

google先生ありがとう。

違うスマホから自分のgoogleのアカウントにログインして、

ちょいちょっと操作すると、

マナーモードを無視して、なくしたスマホから音を鳴らせるんですよ。

初めて知ったわ、そんな画期的な機能。

ぜひ困ったら使ってほしい。

最後にスマホが検出された場所もわかるから絶対見つかるはず。

結局わたしのスマホは、

一瞬着てこうか迷ったけど

寒すぎてやめた服のフードの中にありました。

なんでそんなところにあるのかは、正直わたしもわかりません。

しかしながら、色々あってめちゃくちゃ歩いたから、

すっごく疲れていたし、見つかってほっとしたせいか、

昨晩はすごくよく眠れました。

めでたしめでたし。