まさかのユーミン

ブログ154

こんにちは。

セリタのブログ担当です。

昨晩、

東京ディズニーリゾートの公式youtubeチャンネルに上がっていた

「ファンタズミック!」を見てみたんですが、良かったですよ!

全部見るつもりもなかったんですが、結局最後まで見てしまって、

最後にミッキーたちが一人ずつ出てきてくれたのも嬉しかったです。

実際にその場で見るのも最高でしたが、

映像で見るとボートの上の様子とかミッキーの動きとか、

寄りで見ることができて、新たな気付きもありました。

それと同時に、もう二度と

この目で見ることが出来ないのかという寂しさも沸き上がってきました。

最近そんな様なことを思うことが多くなってきて、

例えば、前の会社で出来た友達と会えば、

「もう二度と一緒に働くことはないのか…」って思うし、

学生時代の友達の会えば

「もう二度と一緒に教科書広げて授業受けたり、テスト勉強したり、

勉強終わりに牛丼を食べに行ったりすることもないのか…」って思います。

その頃に戻りたいかと言われれば正直そうでもないんですが、

今、当たり前のように一緒に過ごしていても、

その関係性と距離感は永遠に続くものじゃないってことが

受け入れがたいです。

年齢的にも、

結婚だとか引っ越しだとかそういったことが多くなってきて、

どんどん友達も住んでいるところがバラバラになってきているから、

仕方ないのかなって思いますが、寂しいことには変わりありません。

そんな最中、

昨日テレビでたまたま見た「Premium Music 2020」の中の

ユーミンのドラマを見て感化され、

人生って楽しまなきゃいないんだなって思いました。

自分の目の前にあるだくさんの選択肢を選ぶときに、

「自分がどうしたいか」を正直に選べるようになりたいなって

すごく思いました。

勿論、お金の問題とか、

社会人として現実的にならなきゃいけない部分もあるんだろうけど、

自分が楽しむ為の努力って日に日にできなくなっている気がします。

まさか、あんまり縁がなかった

ユーミンのドラマを見て気が付くとは思っていませんでしたが、

「寂しい」って思わないように自分も変わらなきゃいけないなって思います。