書くことがない理由

2020年3月30日

ブログ155

こんにちは。

セリタのブログ担当です。

先日、長野マラソンも中止されると発表されました。

参加料は返金されないようです。

参加費を払って、一生懸命練習していた人達にとっては、

さぞ残念なことでしょう。

うちは、母親が大会のボランティアをしていたこともあり、

身近に感じていた大会でした。

長野マラソンというと、交通規制がかかるから、

当日の朝は早く会社につくようにするか、

もう割り切って有給を取って応援することにしていました。

以前住んでいた所は、マラソンで走るルート沿いにあって、

1階に住んでいたので、

玄関を出てすぐランナーを見ることができました。

そういうの、応援したことなかったんですが、

外に出てみると意外とたくさんの人が応援していて、

最初の年はびっくりしました。

さて、今週ずっとブログに書くことがなくて困っています。

全くないことはないんですが、それにしたって、

毎日となると無いものはないんです。

とくに最近ない理由っていうのが、帰宅後、

「どうぶつの森」しかやっていないからです。

気付いたら、ひたすら釣りとかしちゃっているし、

タランチュラ島に行きたすぎてマイル旅行券を使って

毎日無人島探検に行ってしまうし、

いつやめたらいいかわからないんです。

助けてほしい。

明確なゴールが示されていないのに、

こんなに愛されるゲームってなかなかないと思います。

無理な人は無理なんだろうけど、

多分どうぶつの森ができない人っていうのは、

ゲームとしてとらえているからゴールがないと無理なのであって、

どうぶつの森はライフワークなんです。

正直、私自身も数日前にやり始めるまで、

こんなにハマると思っていなかったんですが、

やってみるとこれがまあ面白い。

私が求めていたのはこれだなって思います。

常に家のローンが付きまとうけど、

返済額も返済時期も自分の好きでいいし、無利子だし、

貝殻を拾って即それが現金化できるし、

住人にゴミみたいなアイテムをあげても喜んでもらえるし、

なんて優しい世界なんだろう。

子供向けなゲームと思われがちですが、大人がやっても楽しめます。

ぜひ、ストレス社会と戦う社会人にこそやってみてほしい。

優しい世界が広がっています。