サービスレベル

2018年6月14日

サービスレベル

本日も、皆さまお疲れ様でございます。

「サービスレベル」のお話。

最近なんとなく気になっているワードです。

「お客様は神様です」とサービスレベルや、

価格を競うのが当たり前の社会。

でも最近、過剰に高いサービスレベルを求めなくても

いいのではないか?といった声も上がっているそうです。

商売をしている以上、お客様の想定を超えたサービスで

感動してもらいたい!と思います。

が、お客様がそれは余分。過剰。いらない。とすると、

情熱的な「感動してもらいたい!」は単なる押しつけに。

例えば、急いでいる時に一点の買い物に入ったお店で、レジで

深々頭を下げて「お客様お買い上げありがとうございます」と

言われるのは恐縮の気持ちと共に、機嫌が悪ければ、

挨拶はいいから急いで!と内心思うかもしれない。

バランスが取り辛い現代。

そこをなんとかバランスを取っていかないと、

いけないなーと思うのでした。