長野のLPガス屋さんセリタのWEB担当のブログです。

inside.serita

ブログ 個人的見解

【令和時代】昭和生まれが気をつけるべき1つのポイント

投稿日:

だから昭和生まれは

今年は有給休暇も取得せずに10連休がある!という事態ですが、

祭日、祝日だからお休み出来ない各業界の皆さま同様に、

私もお仕事をさせて頂いております。

今日もそうですが、平成最後の日も令和最初の日もお仕事。

しかしながら、これで3つ目の元号です。

さながら昭和時代の明治生まれのような気分でしょうか。

明治生まれと言えば、「ザ・頑固」そんなイメージがあります。

同時に、我が強く、正義感も強く、曲がった事が大嫌いといったイメージも

浮かんできます。

おそらくは歳を重ね、人口の多くが昭和生まれになった頃に、

少数派である明治生まれに対し、昭和生まれとの違いを皮肉って出来た

イメージではないかと思うのです。

では昭和生まれの特徴はどうでしょうか。

昭和生まれは他人に自分の意見を押しつけがち(寛容ではない)と

そう感じる平成生まれが多いそう。

時は流れ続け、時代も人も世の中も変わり続けます。

歳を重ねると考えが硬化すると聞きますが、人口の多くが令和生まれになる頃、

「だから昭和生まれは・・・」と

平成世代や令和世代に寛容さを説かれることのないように、

わたくし自身も変化し続けて行きたいとそう思うのです。

情報の切れっ端だけ見て、正しい・正しくないを論じる時代は、

もう31年も前に終わりました。

それなのに、浅い知見でもの考え軽はずみな意見を言おうものなら、

失言問題で辞めていっているお偉くいらっしゃる方々と同類というもの。

よだれの代わりに浅はかな知見と軽はずみな意見が出てくる

パブロフの犬状態。

もっと情報の全体を取得する努力をして、正しい知見で、

寛容でありたいと思いをはせる、令和元年二日目の今日です。

-ブログ, 個人的見解

Copyright© inside.serita , 2019 All Rights Reserved.