七夕

ブログ218

こんにちは。

今年はまだ一度もカエルに遭遇していないことに

安堵しているセリタのブログ担当です。

個人的にはめちゃくちゃ嬉しいんですけど、

カエルも意外と絶滅の危機に瀕していたりなんかして、

大声で喜んでいいのかは微妙なところだなと思います。

今日は7月7日、七夕です。

だいたい7月7日が七夕ってことで通っていると思うんですが、

旧暦の七夕は現在の新暦でいうところの8月25日だそうで。

調べると今年の七夕は8月25日って出てきて、

私が知らないうちに七夕のルールが変わったのかと思いました。

だいたい七夕の時期って梅雨だから雨が多くて、

「今年は織姫と彦星、会えないのかな…」なんて

ロマンチックなことを言い出す人が現れると思うんですが、

本来の七夕は違う日だから大丈夫だよって教えてあげてください。

日本の歴史的な行事って新暦と旧暦の関係で

いつやったらいいかわかりにくいと思うんですよ。

統一したらいいのにって思います。

わたしはずーっと7月7日に七夕をしてきたのですが、

覚えやすいし良いですよね。

七夕といえば、短冊に願いをかいたりするわけです。

小さいときは笹から用意してもらって、

がっつり七夕をしていたような気がしなくもありませんが、

ここ最近はめっきり。

でも、短冊を書く機会があれば

「適齢期に結婚できますように…」と書いていました。

願えば叶う。

適齢期かどうかはわかりませんが、なんとか。

そういえばですが、

適齢期って言葉も最近あんまり使われないんじゃないかなって思います。

結婚も多様化して、それに伴って子育ての形も多様化して、

一概に一般的には…って言いきれないのかなと。

だから、最近は友達と話すときも、

恋愛・結婚・出産だけが幸せであるかのような話し方は

しないように気を付けています。

私自身できることはできるし、できないことはできないと、

割り切っていろんなサービスを利用することに肯定的なので、

意見が合わない人も多いだろうなって思います。

お互いに思うところがあっても、

いちいち言わないで見守るくらいがちょうどいいのかなと。

色んな考え方を認め合うのって難しい事なので、

せめて考え方の違いを否定しないでおきたいです。

さて、連日雨が続いています。

九州を中心に大変な被害になっているようで、

どうか早く被害がおさまるといいなと思います。