トイレットペーパーが本当になかった。

ブログ137

こんにちは。

セリタのブログ担当です。

最近口内炎がひどくて困っているんですが、

そんなことより昨日買い物に行ったら

トイレットペーパーがものの見事に消え去っていました。

原材料が取り寄せられないから紙製品の生産がストップするというデマ。

デマなのに、本当にきれいさっぱりなくなっていました。

金曜日に、

両親から「トイレットペーパーはまだあるのか」って連絡が来て、

何事かと思ったらそういうことでした。

姉の家では、本当にトイレットペーパーがなくなって、

買いに行ったら全く売っていなくて、

実家から分けてもらったようです。

それで私のところにも連絡が来たんですが、

うちはなんでも必ず1つストックしておく派なので、大丈夫でした。

デマだと知ってて買う人なんてどこにいるんだと思っていたのですが、

ニュースで見る限り、

「デマだと知っていても買い占めでなくなると困るから買う」んだとか。

つまり、デマだと知ってても買っている人がいるってことなんですね。

なんとなく気持ちもわかるんですが、

みんな割と少なくなってきたら買う派なんだなぁって驚きました。

ウォーキング・デッドとかロストとか、見た方が良いと思う。

そりゃあ足りなくなってから買いに行くんでも普段は間に合うけど、

急に世界が崩壊したら、物資集めるのは大変なんだから。

ウォーキング・デッドなんて見るたび見るたび

物資集めか、抗争か、苦悩するシーンです。

一瞬幸せなシーンっぽいシーンが出てくるんですが、

本当に一瞬でそれも面白い。

面白いし、物資の貴重さがわかるので、見た方が良いと思う。

あと、急に寝込んだりして、

もちろん助けてくれる人が近くにいるなら本来問題ないんだろうけど、

その人たちもみんな寝込んだら、買いに行けなくて絶対困る。

大量に買い込む必要はないけど、

絶対使うものは1つストックしておいても良いんじゃないのかなと、

より実感しました。

で、みんなが買いに走って品薄の時は買わずに、

ちゃんと通常通り出回ったら、また一つストックするようにする。

それなら問題ない気がしています。

それに、これは個人の感覚の問題だろうと思いますが、

家にあるそういう在庫を管理するの、結構楽しかったりします。

どこに何があるかわかりやすく並べたり、

ストックがなくなっていたら、

リストアップしてまとめて買いに行って、

またきれいに並べる。

なんかちゃんとしてる感があって楽しいし気分も良いです。

話は変わりますが、

数日前にイチゴ大福を作りたいんだけど白あんがないって

ブログを書いたんですが、昨日見つけたんです!

綿半にありました。

ただ、綿半も店舗によって売っているところと

売っていないところがあるようです。

思わず買ってしまったので、またイチゴ大福を作ろうと思います。

いちご大福は幸せの味。

なんであんなに美味しいんだろう。