LPガス屋さんセリタのWEB担当のブログ(現在2代目投稿中)

inside.serita

ブログ 個人的見解

打ち水は焼け石に水か?

投稿日:

打ち水は焼け石に水か?

本日も皆さまお疲れ様でございます。

暑さの戻りでへろへろのセリタWEB担当です。

この位の時間になると日も傾き、打ち水をすると効果を感じられます。

でも朝夕でないと打ち水の効果も一瞬。

打ち水前の気温に戻ると蒸発した湿気で、私は余計に暑く感じます。

冬期の飯山地方のようにずっっっと流してくれているなら話は別ですが。

オリンピックでも打ち水をなんて話もありますが、あちらこちらで撒いたら、

水道水がもったいない。水不足は大丈夫か?そんな声も上がっているそう。

そんなドタバタのネットで、今回初めて知ったのが、「遮熱性舗装」

道路に特殊な舗装を施す事で、通常の舗装道路より10℃程度温度を

抑えられるそうです。

この技術が確立されたのは、なんと10年も前なんだそう。

コストが高そうですが、既にヒートアイランド現象で路上が酷い暑さの

東京を中心に徐々に遮熱性舗装も広がっており、東京オリンピックに向け

より遮熱性舗装の道路が増えるんだそう。

長野県にも遮熱性舗装の道路はあるのでしょうか。

国道ならまだしも、県道、市道となると、コスト的に地方には不向きなのかも

知れません。

この地方の財政問題に考えが行き着くと、いつも思うのが地方公共団体を

動かすだけの何かアイデアを実行し既成事実をつくらないと、ということ。

政治家を目指すつもりなんて毛頭ありませんが、わが故郷の長野県に、

何か恩返しをしたいという気持ちは結構強くある気がします。

しかしながら、遮熱性舗装。

オリンピックに打ち水しても焼け石に水だ!なんて意見もたくさん見ましたが、

この舗装路なら効果も上がる気がしますし、水道がもったいなく、

水不足も心配と言うことなら、雨水を貯めて使うといった方法論の議論が

もっと増えてもいいと思うし、自分の考えよりもっと妥当だと思ったら、

もっと素直に自分の考えが変わったのを認め、妥当な意見を教えてくれた

発言者に感謝出来るようになりたいと思うのです。

-ブログ, 個人的見解

Copyright© inside.serita , 2019 All Rights Reserved.